遺品整理とは|遺品整理なび

遺品整理に関するご相談から評判のいい遺品整理業者紹介まで 遺品整理なび

遺品整理なび ホーム > 遺品整理とは

遺品整理とは

形見分け遺品整理とは、亡くなられた方の使用していた品々を遺品とし、それらを丁寧に整理することをいいます。
遺品整理は、「遺品処理」「遺品処分」「遺品回収」とも言われ、故人の家族や親族たちは、悲しみの中で遺品を整理することは、悲しみがより深まることもあります。
「遺品」というのは、遺産の中でも不動産など物品全般を指すものですが、「遺品整理」となると、故人が生前に使っていた生活雑貨や衣類、家電製品などのほうがやはり想像しやすいのかもしれません。
故人の遺品を遺族で分け合うことを「形見分け」と呼びますが、故人が借りていた借家や賃貸アパートなどは故人が亡くなった後、すぐに管理者に明け渡さなければなりませんので、法事後、直ちに遺品整理にとりかからなければならないことが少なくありません。
また、日記・手紙・手帳・預金通帳などは、1年から2年程度は必要になってくることも多いため、きちんと保管をしておく必要があります。

故人が亡くなって間もない状況では、なかなか遺品を整理する気持ちになれないことも多いでしょう。
また、遠方に住んでいて、遺品整理のために向かうことができないということもありえます。
このように、遺品整理を何らかの事情で行えない場合があると思いますが、その場合は、遺品整理専門業者(遺品整理屋)が代わって遺品整理をすることになります。
近年、核家族化が進み老人の一人暮らしが増えてきているため、「孤独死」という現状が増加してきました。
そんな背景もあり、この遺品整理専門業者は特殊ではなくなってきているのです。
一人暮らしをしている人が生前に遺品整理の見積もりや契約を依頼するケースも増えてきています。
遺品整理専門業者は故人の遺品を整理するのが仕事であるため、整理した遺品は本来親族に渡さなければなりません。しかし、遺品を親族が拒むケースがあります。
本来ならあってはいけないことだと思いますが、これは故人に対する何かしらの感情が理由にあるのだと思います。そういう場合は、遺族の気持ちが落ち着いた頃に再度遺品の存在を知らせ、お渡しすることになることが多いようです。


遺品に関するご相談から遺品整理専門業者紹介まで 遺品整理 お客様センター 0120-979-639  ※安心して任せられる遺品整理専門の業者をご紹介いたします。

このページの先頭に戻る