個人情報を含む重要書類も処分できますか | 遺品整理なび

遺品整理なび

メニュー

電話する

  • 遺品整理なび ホーム
  • 教えて!遺品整理
  • 生前個人は税理士をやっていました。ほとんどの案件は引き継いでいただいたのですが、終了した過去の案件の書類が残っています。

    こちらは個人情報なのですが処分可能でしょうか。

注目のQ&A

生前個人は税理士をやっていました。ほとんどの案件は引き継いでいただいたのですが、終了した過去の案件の書類が残っています。

こちらは個人情報なのですが処分可能でしょうか。

  • 個人情報は重要書類ですので、決められた保管期間があります。



    その保管期間が過ぎれば廃棄可能ですが、その媒体ごとに廃棄方法が異なります。



    紙の場合



    シュレッダーで裁断するのがもっともポピュラーです。但し、廃棄量が多い場合など、最近増えているのは、溶解業者による溶解処分です。外部の業者に任せるのでその会社から漏洩してしまう可能性もないとも言えませんので、必ず廃棄証明書の発行を依頼し、秘密保持契約を取っておくとよいでしょう。



    電子データの場合



    通常であれば「ゴミ箱に入れて削除」で問題ありませんが、利用しているPCやサーバーごと廃棄の場合の電子データの削除の場合は、HDD内のデータを完全に削除できるツール、もしくはHDDを物理的に破壊してからの廃棄が必要となります。



    記憶媒体の場合



    PCに内蔵されているHDDであれば上記のようにHDD内のデータを完全に削除できるツール、もしくはHDDを物理的に破壊してからの廃棄となります。

    データだけを消したい場合はHDD内のデータを完全に削除できるツールを利用してください。

    USBメモリであれば破砕すればよいでしょう。


  • 遺品整理なび ホーム
  • 教えて!遺品整理
  • 生前個人は税理士をやっていました。ほとんどの案件は引き継いでいただいたのですが、終了した過去の案件の書類が残っています。

    こちらは個人情報なのですが処分可能でしょうか。

東証一部「遺品整理なび」の運営は、1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています。
メニュー