ホーム > 遺品整理・生前整理のノウハウ > 故人の日記が死後に見つかりました。中を見ても問題ないでしょうか?

故人の日記が死後に見つかりました。中を見ても問題ないでしょうか?

目次故人の日記を見ることで法律的な問題はなし。遺品整理の場において、業者が亡くなったの日記を見ることもあります。死後に日記を見られたくない場合は、事前の生前整理やWEBの日記がおすすめエンディングノートに日記の取り扱いに

「安心できる遺品整理」で優良業者をご紹介
今すぐ見積もり【無料】

お電話でのご相談も受付中!

0120-964-850

通話無料/年中無休 9時~18時

故人の日記を見ることで法律的な問題はなし。

プライバシーや個人情報保護法などを気にする方からよくお問い合わせをいただきます。

しかし、「個人情報」というのは現在の法律において「生きている人」にだけ適用されることとなっています。

従って、死者の日記や通院記録などの情報を見ることが何らかの法律違反になるということはまずありえません。

遺品整理の場において、業者が亡くなったの日記を見ることもあります。

例えば、ご自宅まるまるの整理を依頼された場合、出てきた品物のすべてに一応ざっと目を通すことになっています。

なぜなら、開いて目を通さない限り、そのノートが日記帳なのか、それとも別の書類なのかが全くわからないからです。

この場合、まじまじと読むのではなくざっと拝見させていただくという形をとります。

日記を死後、他人に見られるのは抵抗があるという方もいるかもしれませんが、それも遺品整理の大切な業務の一部と考えて失礼のないように拝見させていただいています。

さらに、現場でもし日記が見つかった場合、日記は故人の方の生活そのものが詰まっている、大切な思い出そのものです。処分するかどうか、必ずお声掛けをさせていただき、ご希望に応じてご遺族の方にお渡しいたします。

「安心できる遺品整理」で優良業者をご紹介
今すぐ見積もり【無料】

お電話でのご相談も受付中!

0120-964-850

通話無料/年中無休 9時~18時

死後に日記を見られたくない場合は、事前の生前整理やWEBの日記がおすすめ

死後に日記を見られたくない場合は、ご家族の方にそのように伝えておくといいでしょう。

もしくは、生前整理という形である程度自分で処分してしまっておくのもよいかもしれません。

または、最近はブログなどのようにインターネットで日記を書くことが出来ます。IDとパスワードによって、自分だけしか見ることのできない日記を書くことも可能です。こうした形で記録しておけば、死後に誰かが見ることは基本的にできません。

エンディングノートに日記の取り扱いについて書いておくのもよい

終活を考える場合に、皆さんはエンディングノートを作成しているでしょうか。

エンディングノートがあることを家族に伝えておけば、亡くなったときに真っ先に確認してもらえる可能性があります。

そこに、死後の希望として『日記は見ないで捨ててほしい』というように書いてあれば、ご遺族によってはきちんとその通りにしてくれるでしょう。

ただし、エンディングノートは遺言のように強制力があるものではないので、必ずしも内容に従わなければならない義務はありませんので、100%の履行を期待することはできません。

「安心できる遺品整理」で優良業者をご紹介
今すぐ見積もり【無料】

お電話でのご相談も受付中!

0120-964-850

通話無料/年中無休 9時~18時

こちらの記事もご覧ください

地域から探す
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

安心できる遺品整理

近年、遺品整理・生前整理・不用品回収の需要が高まり、リサイクルショップや買取店、廃品回収、引っ越し業者などが多く参入してきています。
しかしながら、一部の業者では専門知識がなく、ゴミ処分や宝探しのように作業されたり、大切なモノや思い出の遺品を処分されてしまったり、雑に扱われたり盗まれたりといったトラブルが発生するといった問題も生じています。
また、特に遺品整理は消臭や消毒、原状復帰などの特殊技術が必要なこともあり、不用品回収やハウスクリーニングとは違った技術が必要で、そういった技術力やサービス品質の高さは、消費者側からはなかなか見分けることが難しい現状があります。

「安心できる遺品整理」では、お客様やご遺族の気持ちに寄り添うことができ、サービス品質の高い業者をお客様にご紹介することで、後悔のない整理、納得できる供養のサポートをいたします。
東証プライム上場企業「株式会社鎌倉新書」が提供する終活関連サービスの一つとして、長年にわたり、葬儀、お墓、仏壇をはじめ多くの分野でお客様をサポートしてきた鎌倉新書だからこそできるサービス提供を行っています。
遺品整理・生前整理のこと、不用品回収のこと、終活のことでお困りがございましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。